引越し 方法

引越し方法はいろいろなパターンがあります。単身、学生、子供連れ、カップルなどいろいろな引越し方法を紹介しています。

引越しの方法はどのパターン?

引越しはライフスタイルによってひとそれぞれですね。
たとえば1人だけ引越し。1人暮らしだったり
単身赴任の引越しだったりとにかく荷物が1人分の
引越しであれば荷物もさほど多くないので
一番楽そうですが、距離があったり、1人でも大きな
荷物があればこれもまた大変な引越しとなります。

別ページに各引越しのパターンをまとめていますが
どんな引越し方法でも引越しを業者にお願いするなら
見積もりが必要です。

まずは自分の荷物を把握し、引越し業者から見積もりをもらいましょう。

今ではいろいろな業者に見積もりをもらえるサイトもありますので
インターネットでそういったサイトをみてみるといいでしょう。


引越しの方法は荷物を把握してから

引越しをするとき、まず不要なものはなるべく早めに
処分しましょう。
いらないものがなくなれば、その分荷物が減り料金も
おさえることができます。

引越しの荷物はなるべく正確に把握することが大切です。
業者にきてもらい、実際に荷物をみてもらえば安心ですが
電話やネットで予約をするとき、正しい荷物の量を
伝えていなくてトラックの大きさ、段ボールの量、
作業員の数など食い違って追加料金を払ったり、
「本当はもっと安かった」などなっては大変です。

そのためにも引越し業者に見積もりを頼むにも
きちんと自分の荷物を把握してから見積もりをとることが大切です。

引越し業者の方に家にきてもらえば一番安心ですが
都合があわなかったり、家にきてもらうのは抵抗があるという方は
電話やネットでしっかり説明をうけるようにしましょう。



引越し方法は早めに決めよう

自分はいつ引っ越すかわかったらなるべく早めに引越し
業者に見積もりをもらって引越し方法を決めましょう。

引越しは自分だけではありません。入学、入社、
長期休暇などシーズンによってとても混み合います。

その中でも土日はさらに混み合いますので引越しを
したいならなるべく早めに業者をおさえたいものです。

通常2週間〜1ヶ月くらい前に予約しますが、
それより前だったら予約状況なども引越し業者に
確認しておくといいでしょう。


あまり早く予約しても荷物が減ったり増えたりで料金がかわったり
荷造りが早すぎて普段の生活に支障がでることもあります。

引越し方法を決めるタイミングは難しいものですが、
引越しシーズンの時は早めに動いたほうが正解だと思います。


引越し方法が決まったら

引越し方法は自分でする、業者にお願いするなど
いろいろな方法がありますが、引越し方法が決まったら
他にも準備することがあります。

まずは手続き関係です。
電気、ガス、水道、電話の変更や住民票など手続きすることも
たくさんあります。

また、お子さんがいれば転校、転入の手続きも必要ですね。
手続き関係もできるところからなるべく早めに手続き
したほうが引越しの作業をスムーズにできると思います。
こういうリストがあるとスピーディーでスムーズに作業ができます!>>「引越しが決まったらやることリスト

あとはご近所への挨拶です。
引越しをするなら周りのお家の方に騒音で不快な思いをさせて
しまうかもしれないので引っ越すときも一言挨拶をして
おいた方がいいでしょう。
引越し先もご近所さんには挨拶をしておきたいものです。

このときに手土産を持っていくならこの手土産も事前に準備しておく必要があります。

Copyright (C) 引越し方法はいろいろなパターンが!あなたはどのパターン?. All Rights Reserved. |リンク